・国債や社債など行政や企業に対して投資する
・最大規模
・その80%を普通国債等が占めている

・普通預金や定期預金など銀行にお金を預け
利息をもらう
・02年に500兆を突破 以来500兆円台を保つ

・株式や国債などを中心にいくつかの投資を
組み合わせて運用
・伸び著しい 03年 +30.3% 04年 +28.6%
05年 +48.8% 06年 +36.3%

・不動産を購入、またはその市場に投資する

・現在価値のある「金」を購入する投資

・企業の株式を購入して配当や売却益を得る
・04年末に約377兆円 著しい伸び
・株価の上昇による影響も

・継続的に積み立てて運用してもらい
老後に配当をもらう
   

   
・外国の通貨の購入や預金で運用益や
為替差益を得る
   

・特定の商品の価格を予想して投資する
 

(普通国債、公募地方債、政府保証債、金融債、普通社債の合計値)
(07年12月末時点、普通国債等は日本銀行調べ、ほかは日本証券業協会調べ)
(東京証券取引所、JASDAQ証券取引所の合計値)
(07年12月末時点。東証、JASDAQ調べ)
(07年12月末時点。国内銀行の実質預金残高。日本銀行「金融経済統計月報」より)
(厚生年金と国民年金の合計値)
(06年3月末時点。社会保険庁「平成16年度厚生年金保険および国民年金保険における年金積立金運用報告書」より)
(公社債投信と株式投信の合計値)
(07年12月末時点、投資信託協会調べ)
(522億500万ドル、122円で換算)
(06年12月末の東京外国為替市場の営業日平均出来高。日本銀行調べ。)
 
Copyright (C) 2015 43de.com All Rights Reserved.