難しいとか、怖いとかそういう意識は、その内容を知らないからです。
まずは、「資産運用」とはどんなものかを考えてみましょう。

■「資産運用・投資」はお金持ちがするもの・・・そう考えていませんか

「資産と呼べるほどのものは持っていない」
初めて会ったお客様からよく聞く言葉です。でも、ほとんどの日本人は世界の中で上位10%以上に確実に位置する「大資産家」であることを知っていますか?
今日のそこそこの困らない生活ができているのなら、豊かな未来のために資産をどう生かすか?を考えてみてもいいのではないでしょうか。
たとえ大金がなくてもいくらかの余裕資金があれば、資産運用としての「投資」を考えてもよいのではないでしょうか。

■興味はあるけど、知識がないから、経験がないから、自信がない…そう尻込みしてませんか

少しの資金でいいからまず始めてみましょう。そして継続していくことでその気持ちは薄らぐでしょう。まず始めてみることです。

■投資には大きなリスクがあって怖い・・・そう考えていませんか

リスクというと、「危険」という言葉をイメージする人も多いと思いますが、投資におけるリスクというのは、「不確実性」のことをいいます。
投資のリスクとは、将来お金が増えるかもしれないし、減るかもしれないという、不確かなもの。リスクというと、すぐに元本割れといった値下がりリスクばかりに目がいきがちですが、不確実という意味を考えれば、値上がりしてお金が増える可能性もあると考えられるのです。そして又「リスクを取らないリスク」「何もしないリスク」も一方あるのです。
いずれにせよ、私たちの生活にはリスクはつきもの、リスクをよく理解したうえで行動を起こせば、リスクをリタ−ンに変えることができるのです。

■始め方がわからない。難しそう。たくさんのお金もないし…そう思っていませんか

練習のつもりで、最初は少額から始めてみましょう。例えば株式なら5000円ぐらいから、投資信託なら1万円ぐらいからの運用が可能です。利益よりも、まずは感覚をつかむことが大切です。


現在、「金融資産のホームドクター」としてコンサルティング・サービスが注目されています。


ごく一般の人の間にも資産運用に対する関心が高まる中、一人ひとりの人生設計に即した資産形成のための適切な助言をすることの重要性がますます高まっています。


Copyright (C) 2015 43de.com All Rights Reserved.