いま注目の外貨投資

日本でもようやく金利が上昇傾向になりましたが、海外の高金利にはまだまだ及ばないのが現状です。そのため、高金利通貨への投資に人気が集まっています。とは言え、外貨投資では為替の動きに損益が左右される恐れが。
そこで、為替が円高円安のどちらに動いても利益を上げるチャンスがある金融商品として、「外国為替証拠金取引(FX)」に注目が集まっています。

なぜ為替の動きに損益が左右されないのか、その仕組みを考えてみましょう!




「買い」取引の他に「売り」取引もできる

外貨預金などの外国為替取引では、たとえば米ドルなどの通貨を買うといった「買い」からの取引しか行うことができません。
これに対して、外国為替証拠金取引(FX)は、総取引代金の数%程度の証拠金を担保にすることで取引できる証拠金取引です。
外貨預金などと同じく、米ドルなどの通貨を買う「買い」の取引の他に、米ドルなどの通貨を売る、つまり「売り」からの取引も行うことができる点が大きな特徴です。

「売り」の取引をイメージしにくいかもしれませんので、具体的に米ドルを取引する例で解説していきます。




◆ドル円相場が円安ドル高に動く場合

ドル円相場が円安ドル高に動く場合で考えてみましょう。
1米ドルが110円の時に、米ドルを1万米ドル買って円を売る「買い」の取引をしたとします。ドル円相場が120円と円安ドル高に動けば、1米ドルあたり10円の為替差益が得られます。
この場合、外貨預金でもFXでも、為替差益を得ることができます。

◆ドル円相場が円高ドル安に動く場合

次に、前述の1米ドルが110円のドル円相場が100円と円高ドル安に動く場合を考えてみましょう。外貨預金では「買い」からの取引しかできませんので、1米ドルあたり10円の為替差損を被ることになります。
これに対して、FXでは「売り」からの取引を行うことができますので、1米ドルが110円の時に、米ドルを売って円を買う「売り」の取引を行うことができます。
つまり、ドル円相場が100円と円高ドル安に動けば、FXでは1米ドルあたり10円の為替差益を得ることができるのです。

このように円安円高のどちらに為替が動いても利益を上げられる点がFXの魅力です。
しかし、FXは総取引代金の数%程度の証拠金を担保にして取引する証拠金取引のため、思惑とは反対に為替が動いた場合に損失額が大きくなるリスクも存在します。損失額次第では追加の証拠金が必要になりますので、徹底したリスク管理を行うことが大切です。




取引は10万円前後から

外国為替証拠金取引(FX)は、総取引代金の数%程度の証拠金を担保にすることで取引できる証拠金取引です。最低限必要な証拠金の額は会社によって異なりますが、一般的には10万円前後から取引できます。

証拠金として10万円を差し入れた場合に、米ドル円をレバレッジ10倍で取引する例で具体的に考えてみましょう。


■為替の動きによる損益

ドル円相場が1米ドル100円だと仮定すると、レバレッジ10倍の時には、証拠金10万円で約1万米ドルを購入することができます。そして、ドル円相場が1米ドル110円とドル高円安に動くと10円×1万米ドルとなりますので、売却することで約10万円の利益を得ることができます。

■スワップポイントによる損益

さらに、FXは、通貨の金利差から生じるスワップポイント(スワップ金利)でも損益が発生します。 スワップポイントは、取引する通貨ペアのうち高金利の通貨を買うことで日々受け取れ、低金利の通貨を買うことで支払うことになります。現在は円よりも米ドルの方が高金利ですから、米ドルを買う場合にスワップポイントを受け取れることになります。

1万米ドルあたり100円受け取れると仮定すると、米ドルを購入してから売却までの期間が10日間の場合には1000円を受け取れることになります。つまり、10万円の元手に対して、10万円の為替差益、そして、1000円のスワップポイントの利益が発生しますので、合計10万1000円の利益を手に入れることができることになります。



為替相場は、思惑とは反対に動く場合もあるのでご注意を

前述の例では、ドル円相場が1米ドル90円と円高ドル安に動く場合です。
このような時に米ドルを購入してしまうと、約10万円の損失が発生することになります。ただし、スワップポイントは金利差で受け取りかが決まります。ですから、米ドルを購入する取引の場合には、保有期間に応じたスワップポイントを受け取れます。 前述と同じく、米ドルを購入してから売却するまでの期間が10日間なら、1000円を受け取れることになります。

また、ドル円相場が1米ドル90円と円高ドル安に動く時に、米ドルを売る取引を行うこともできます。この場合には、為替差益で約10万円の利益を得られますが、米ドルを売っていますのでスワップポイントは保有期間に応じて支払うことになります。
ちなみに、レバレッジ10倍で解説しましたが、レバレッジを5倍、3倍と言う風に下げることでリスクを低減することができます。具体的には、証拠金を多く差し入れることでレバレッジを下げることができますので、自分に適したレバレッジを考えて取引を開始しましょう。

◆為替相場は、思惑とは反対に動く場合もあるのでご注意を!!
◆自分に適したレバレッジを考えて取引を開始しましょう。

注意:今回のシュミレーションでは、税金、手数料、証拠金率については考慮していません。
Copyright (C) 2015 43de.com All Rights Reserved.